年齢とともにリスクが高まる 生活習慣病に勝つ!

年齢とともにリスクが高まる 生活習慣病に勝つ!
年齢とともにリスクが高まる 生活習慣病に勝つ!

生活習慣病に備える健康な食べ方に塩分の控えめ

料理が出されたとき、必ず醤油を掛ける人がいます。
どういった料理にも、醤油をかけます。
醤油をかけると、塩味がはっきりとつきます。
また、醤油の香りも良いことがあります。
出された料理もそうですが、調理の時においても欠かせないものになっています。
塩分の中には、塩味がきいていると感じるものもありますが、あまり感じないものもあります。
その中にも、知らないうちに塩分が入っていることがあります。
それを食べ過ぎるとどうなるでしょうか。

意外に塩分が入っているものとして知られているのが、かまぼこやちくわ等の練り物になります。
魚類を使っていますが、単に魚を練っているだけではあのようには固まりません。塩分を加える事で、水分の調整がされ、粘りが出てくることになります。
あの食感は、塩分がなければ得られないものです。

でも食べると、あまり感じません。かまぼこなどを食べるときに、醤油などをかけることがありますが、そうなると、かなり塩分をとることになります。

塩分の取り過ぎは、健康にはあまり良くないとされています。
生活習慣病において、その原因としても、とりすぎが言われるところです。

症状が出てからだと、塩分の制限がされ、薄い味の食事をしなくてはならなくなります。
事前に意識をして、塩分が少なくても良いようにしておきたいです。

塩を利用するとき、普通の食塩よりも、天然塩を取ると良いとされています。
ミネラルが含まれているので、その他の栄養分を取ることができます。

関連リンク