年齢とともにリスクが高まる 生活習慣病に勝つ!

年齢とともにリスクが高まる 生活習慣病に勝つ!
年齢とともにリスクが高まる 生活習慣病に勝つ!

健康のための生活習慣病予防

生活習慣病、みなさんは御存知ですか?
。昔は成人病と呼ばれていた通り、大人がかかりやすいと言われていた病気です。

生活習慣が原因で子供の時にもなる可能性がある。そういうお話になったので、名前が変わりました。
逆に言えば、生活習慣に気をつけてさえいれば、健康でいられるという事です。

生活習慣病になる主な原因。それは、食生活・運動不足・ストレス、その他、飲酒・喫煙などが挙げられます。
逆に言えば、生活習慣を改めることによって、健康な体を手に入れることができます。
それぞれの対策から見ていきましょう。

まずは、食生活です。

以前は、米がメインだった日本の食卓が、現在では肉も当然出てきますし、塩分のとり過ぎも問題になってきています。
野菜を食べない若者が増え、自分の好きなものだけを食べ続ける。そういった食の偏りが生活習慣病の一因となっています。
これらの事から、私達が食生活を見直すことで、健康な生活を送ることができます。
二つ目は、運動不足です。

車が一家に一台。当然にある時代。交通機関も充実し、電車・バス・飛行機などを駆使すれば、どこへでも好きな様にいける時代です。

が、歩くのが当たり前だった昔に比べ、乗り物の普及により、明らかな運動不足で、肥満に陥る人が増えました。
肥満になると、生活習慣病になる可能性は確実にアップします。
なので、定期的な運動を心がける事が、健康への第一歩です。

三つ目は、ストレス。これは昔からあったものだと思いますが、ちょっとした事から不満を覚える人間増えたのも原因の一つです。

何をストレスと感じるかはその人次第。逆に言えば、ストレスだと感じない限りは、ストレスにはなりません。常に前向きに物事を受け入れる姿勢。ポジティブさが、健康への近道になります。
その他、喫煙・飲酒については、社会的にも体に悪いものとして認められています。
これらをやめるだけでも、生活習慣病を予防することができます。
以上のことを気を付けることができれば、病気にかからない、健康な体を手に入れることができるでしょう。

関連リンク