年齢とともにリスクが高まる 生活習慣病に勝つ!

年齢とともにリスクが高まる 生活習慣病に勝つ!
年齢とともにリスクが高まる 生活習慣病に勝つ!

生活習慣病の予防として健康的なものは野菜類を食べること

貫禄がいいといえば聞こえが良いです。

会社の社長などでは、ほっそりしている人よりも、少しどっしりした人んほうが安心感があります。
見た目ではそうなのですが、健康面になるとそうではないかもしれません。ほっそりとした人のほうが活動的で、どっしりした人は、疲れやすいことがあるのです。

社長でなくても、30歳代から徐々に体型が変化すると言われています。
そのときに、どのように対応していくのが良いかを考えるようにします。

食生活を考え直す必要があるかもしれません。それまでですと、肉食が多い、外食が多い、コンビニエンスストアなどのお弁当が多いなどがあります。
それらがすべて悪いわけではないですが、どうしてもバランスの面で良くないことがあります。
美味しくて、誰もが買ってくれそうなものになると、ボリュームが多いものになってしまいます。
それを食べ続けていると、生活習慣病になってしまったり、その予備軍として指定されてしまうこともあります。

そのときに、それを防ぐものとしては、野菜類、海藻類などを食べることがあります。
共通点としては、食物繊維が豊富なことです。

ご飯は炭水化物の代表です。

ご飯だけを食べると、それは体内では糖質に変化します。
そして吸収されます。
満腹感をえるまでに吸収されるので、肥満になるのを少し抑えてくれることになります。
食べ方としては、炭水化物を食べる前に食べると良いようです。

ご飯などの炭水化物は、後に食べるようにします。

関連リンク