年齢とともにリスクが高まる 生活習慣病に勝つ!

年齢とともにリスクが高まる 生活習慣病に勝つ!
年齢とともにリスクが高まる 生活習慣病に勝つ!

生活習慣病に対する健康食品には魚料理がある

魚が嫌い、苦手な人は非常にもったいないと思います。
魚が苦手な人の理由として、一つには生臭さがあるそうです。

確かに、調理の仕方や、保存の仕方で生臭くなることがあります。
でも、生で食べたとしても、生臭さを感じないこともあります。
調理方法などで変わるのです。

その他では、骨が苦手な人もいます。
魚には、大きな骨があって、さらに小骨があります。
大きな骨は見つけやすいですが、小骨は見つけにくいので、苦手になってしまうのかもしれません。

なぜ、魚が苦手だともったいないかですが、まずは、美味しいからです。

生でも、焼いても、煮ても美味しい食材になります。
また、栄養価も高いとされています。
ですから、健康食品と言っても良いでしょう。肉の脂質に関しては、あまり食べると体に良くないものもありますが、魚の脂質に関しては、良い物が多く含まれています。
有名なのは、頭が良くなるといわれる脂です。

脳の働きを活発化してくれますから、積極的に取るようにします。

生活習慣病の予防としても、魚料理が良いとされることがあります。
脂が、血液をサラサラにする効果を与えてくれるからです。

血液がドロドロだと、栄養分が体に行き渡らいないことになります。
いろいろなところに滞ってしまいます。
サラサラになっていれば、全身に血液が流れ、栄養分も行き渡ることになります。
血液の検査などでも、ドロドロか、サラサラかをチェックすることが出来るものがあるので、それを見て、積極的に食べるようにします。

関連リンク