年齢とともにリスクが高まる 生活習慣病に勝つ!

年齢とともにリスクが高まる 生活習慣病に勝つ!
年齢とともにリスクが高まる 生活習慣病に勝つ!

生活習慣病を予防する健康的な脂質の取り方

善玉と悪玉と呼ばれるものがあります。
世の中にも、悪い人がいれば、良い人もいます。
そのような構図かも知れません。世の中をみてみると、その他と同じように言えるかもしれません。悪い人ばかりがいるところはさすがに住んだりはしにくいです。

では、良い人ばかりが住んでいるとどうなるかです。

一見住みやすそうに見えますが、一般的な人からすると窮屈に思えるかもしれません。バランスがとれているのがもっとも良いといえると思います。

体の中において、成分の違いによって、善玉と悪玉と呼ばれるものがあります。
善玉が増えればいい、悪玉が減ればいいと思いがちです。

生活習慣病においても、悪玉が体の中にはびこっているのが原因とされています。
この時は、善玉を増やすようにしていきます。
そうすることで、悪玉が減って、善玉の割合が増えていくことになります。
すると、体の方も健康的になってくるでしょう。では、どんどん善玉の割合が増えていくと良いかです。

体の脂質において、飽和脂肪酸と、不飽和脂肪酸があります。
飽和脂肪酸は、動物性の脂質がメインで、悪玉といわれることが多いです。

不飽和脂肪酸は、魚であったり、植物性の脂質がメインで、善玉と呼ばれることが多いです。

そこで、動物性のものは食べず、さかなや植物性のものばかり食べるのは少し問題があります。
動物性の脂質も大事な役割があるのです。

おおよそですが、不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸は2対1ぐらいの摂取にすると良いようです。

関連リンク